Welcome to my blog

さがみはらフェスタ2018 音楽ライブ キンモクセイ

突然の発表から1ヶ月、ついにこの日がやってまいりました。
キンモクセイのライブレポート書くのも10年ぶりだなぁ。。
どう書けばいいのか迷いながらだし動画も色々上がってるけど、やっぱり特別な日だったので自分なりの気持ちで綴ります。

さがみはらフェスタ、会場の規模やらお客さんの様子やら分からなかったのでなるべく早く行きたかったのだけど会場着いたのはお昼時。駅から歩いてすぐでした。
キンモクセイは当初相模原推し?されてたのでちょっと勝手に憧れてたけど、地元でこんな大きいお祭りが開催される所はやはり関西とは違う所かしら。
テントがいっぱい並んでて色んな食べ物売ってたけどめちゃめちゃ人が多くて何が何やら…天気は超快晴(!)
ステージではマジックショーやってて前方以外は割と空いてる感じだったので結果的にはちょうどいい時分だったみたい。
喉が乾いたのでとりあえず飲み物買おうと思ったら食べ物売ってるテントばかりで警備員さんに聞いて…
再びステージ前に戻り前の方へ行ったらフォロワーさん達がいて一緒に見る形になりました。良かった。
その後お笑いステージ見ながら焼き鳥食べたり時間まで待機。
このフェスタ目玉企画っぽいラーメングランプリのラーメンとか食べたかったけど暑い&胸がいっぱいで(´-ω-`)


◆セットリスト

しあわせ(サウンドチェック)

1.アシタ
2.二人のアカボシ
3.車線変更25時
4.みんなのそら
5.同じ空の下で
6.さらば


本番前14時半頃に一度全員登壇しサウンドチェックが始まりました。
白井さんがいる!本当に全員いる…!とそれで頭がいっぱいいっぱい(笑)
各々楽器のチェックをしながら、伊藤さんが1曲ちょっとやりますとサービスでしあわせをワンコーラス演奏!
あまりにもゆるっと始まったのでこんな感じで再び5人揃った音を聴いてしまっていいのかしらと思いつつ。。
また少しチェックして、2番から再びしあわせ聴けました。既に幸せ。
「悲しい昔も今では宝物」、キンモクセイが宝物だったのは変わりなかったんだなって伊藤さんの歌が青空に響いていくような。
気がつけば後ろにも脇にもお客さんいっぱいになってた。1000人ぐらいはいたのかな?あれだけ集まるってやっぱ凄いことなんだなぁ。
その後一旦このフェスタの司会もされている女性歌手・RUUさんのステージ。そのままキンモクセイ出ててほしいと思ったけど。。
「キンモクセイさんのおかげでこんなにたくさんの方の前で歌える!」と喜んでたな(笑)

そして15時過ぎ、いよいよ本番!
伊「エントリーナンバー2番、神奈川県相模原市からやって参りましたキンモクセイです!優勝目指してがんばります!」
(お笑いステージを引きずっての挨拶だったのかしらw)
・2011年に復興支援で作った曲と紹介があり♪アシタよりスタート。
(1曲目に相応しかったと思います。待ちに待った5人の音というのもありますが、野外だとこういう感じになるんだという感覚も強かったな。。)
・伊藤さんより集まった経緯について説明。最初は伊藤さんソロで声がかかったのが、相模原ということでキンモクセイのメンバーに声をかけた所全員のスケジュールと心のスケジュールみたいなものも合ったので集まることになったと。
・メンバー紹介でそれぞれ挨拶。
良「町田出身ですみません、今日は町田を代表して来ました」
後「小田急線相模原出身です、よろしくお願いします」
張「どうも~お元気ですか」 井上陽水的なw
白「お久しぶりです会えて嬉しいです。今日は天気も良いので気持ちよく楽しみたい」
まずは代表曲をと♪二人のアカボシ と♪車線変更25時を続けて。
(この2曲を相模原の地で聴けて良かったししかもそれが再集結という、何も言うことができない感動…感無量でございました。。)
・この辺で今日は撮影OKですって言ったと思うんだけどもっと早く言ってほしかったな~~良さんと後藤さんに突っ込まれてたしw
・続けてMC。休止後~伊藤さんがお父様の死をきっかけにソロ活動を再開した経緯のお話。パチンコで流れる曲を作ってたこともあるって初めて聞く人は割と衝撃だよなぁ。。四畳半レコードの話も。
♪みんなのそら
(ソロライブで何度か聴いてましたがこうして聴くと全然キンモクセイの曲だなぁと。。1曲ぐらいは伊藤さんソロ曲やるだろうと予想してたけどなるほどこれだった。快晴の青空もキンモクセイの再集結を祝福しているようで、まさに奇跡の瞬間。)
続けて♪同じ空の下で
(この流れめちゃめちゃ綺麗だった!大好きな曲なので嬉しくてたまらなかったです。最高が過ぎる。)
伊「次の曲で最後になります」 観客「えーーーーー!」 大会場でこれ聞けたのもなんだか感激(笑)
・今後の予定は全然決まってないけど自分達のペースでゆっくりやっていきたい
・普段すぐには曲できないけど、今回集まって刺激があったのか、キンモクセイ用の曲を作ったのでなんとかリリースできたらなと考えているとのこと!!
・ここで良さんがキンモクセイの曲がAppleMusicなどサブスクリプションサービスで配信開始した旨を告知。
・するとBGMが鳴り始め、、これはおしゃれ告知だ…!!良さんが一生懸命告知をする横で楽しそうな4人。。最高すぎませんか?
・明後日のラブとポップフェスについても告知。ブランクがひどい、衰えを見せてしまったって(笑)
・この後の物販で対応することと、四畳半レコードの宣伝をちゃっかりする伊藤さん
・そして最後、さよならするのはつらいけどー! ♪さらば
(やっぱり〆はこの曲ですよね~短いようもっとやってよーと思いながら…でもめちゃめちゃ楽しかった)
最後に全員前に出てきて、それぞれコメント。
良「こんなにたくさん人が集まると思わなかった、本当にありがとうございます。」
白「みなさんラーメンは食べましたか?あとはラーメン食べるだけかなぁと」
伊「相模原に立ってると感じながら歌いました。車線変更25時の16号線が後ろに走ってるな~とか意識した」
張「いい景色でございました。みなさん女子大生のような綺麗なお嬢さんばかりで」 白「嘘を言うな!」ってこのやりとりww
後「なんかずっと嬉し恥ずかしな感じで…普段サポートが多いので注目されることがないので恥ずかしかった。」
・RUUさんより改めて今後の予定について聞かれ、ラブとポップフェスと伊藤さんのソロライブについて告知で終わりだったかな?

終了後物販並ぼうと思ったら見たことないような長蛇の列で、フォロワーさん達ともうこれ無理ですよねぇなんて様子を伺っていると
伊藤さん以外のメンバーがラジオの公開放送に集まっていると会場側からアナウンスが聞こえ急遽行くことに。
FMブースに向かうと良さん・後藤さん・ハリさん・白井さんが待機してて、ちょうどトーク聞けました楽しかった\(*'ω'*)/
ここで気になってたことが色々と聞けてしまったのでめちゃめちゃ満足でした。伊藤さんに挨拶できなかったのだけ残念だったけど…
放送終わった後うっかり(?)白井さんと直接お話できてしまったし後藤さんとハリさんにもサイン頂いて、もうテンション上がりっぱなし。
白井さんに以前キンモクセイのライブは数回しか見てないことと大阪から来たことは言ったと思うんだけど支離滅裂だったかも(汗) 改めてちゃんとお礼を伝えたい…また機会ありますように。
物販の様子を見に戻ったらもう終わったみたいでフェスタも終了時刻だったので退散することに。。
新幹線で日帰りでございました。夢だけど、夢じゃなかったー!(笑)

撮影もアップもOKということで私が撮影した動画を。。どちらも頭切れてるけど。記念です。゚(゚´∀`゚)゚。




10年ぶりの全員集合だということだったんですが、4人までのライブは何度か見ていたのもあって
やはり白井さんがいる!本物…!という気持ちが強かったです。
野外ライブのキンモクセイも初めてなわけだし終始なんだかよく分からなくてふわふわしてて(笑)
じわじわと5人のキンモクセイに感動したけどやっぱり楽しさの方が勝ちました。もっと長い時間のライブで見たくなったなぁ
伊藤さんの歌も全員の演奏もほんとあれ?っとか何も思う所がなくて、声の調子戻って良かったなぁとか
あんな近い所でソロライブ等々見てて改めて贅沢なものを見させていただいてているな…と振り返ったり。。
撮影OKと言われてこんな機会ないし記録に残したいと後半撮りまくってしまったけど集中して聴きたかったなという気持ちも。
(大勢の人が集まってたけど全国から駆けつけたファンと、ふらっと遊びに来た感じの地元の人とどちらが多かったんだろう。やっぱファンかな。もっとほぼキンや伊藤さんのソロにも来てほしいよね…)
天気はめちゃめちゃ良かったけど逆光気味なのが少し残念だった(笑) たまたま羽織りに来て行ったパーカーの帽子日除けにしてたけどパーカーにして良かったわ。そんな状態で記念すべきステージ見るとは思わなかったけど('ω`;)

​みなさん全然肩に力が入ってないというか本当に自然で和やかで、休止という名の休憩?だったんじゃないかと思う程だった。
本当に(再集結)やっちゃっていいのかなぁと思ってたけど余計な心配だったのね。
心のスケジュールが合ったという言葉でなんだかとても納得した。いい言葉。
まぁ色々あったけどまたこうして集まってくれて本当に良かったです。積年の思いがようやく昇華されたなぁ…一生忘れられない日になりました。
今後の予定はまだ分からないみたいだけど全然ワンマンライブとかありそうで、新曲も聴けそうだし、嬉しくて嬉しくてたまらない。
戻ってきてくれて本当にありがとう。歴史的瞬間に立ち会えて幸せ&光栄でした!