Welcome to my blog

伊藤俊吾 完全ひとりツアー2015「ひとりにしないで」 @大阪 cafe Room

うわー久しぶりのブログ。
今回はキンモク伊藤さんのライブに行った話なんだけど、
Twitterに投稿するのも長くなるしせっかくこの場所があるしとここに書く。
何よりも始めたきっかけがキンモクセイだからね。
昨年から佐々木さんと2人でツアーしたりしてるのは知ってたけど、
時間が18時始まりとかだと終わるのも遅くなるワケで…
今回は大阪17時~だったのでコレなら行ける!と思い切って(笑) 結果やはり3時間程でしたが。。

開場1時間前に家出てちょっと早かったかな~と思いつつ到着したら
既に行列できてて。皆さんお仲間か…?と( ^ω^)
お店の階段登った所がイベントスペースになっててぞろぞろ入っていって。17時過ぎぐらいに始まりました。

撮影OKだったので写真付きでお送りしますm(_ _)m

△最寄り駅は西長堀。個人的に最近バイトで通ってた方向なので難なく辿りつけました(笑)


△始まる前にとりあえずの1枚…照明がオサレだ


◆セットリスト(…自信ないけどだいたいで
1.僕の夏
2.アシタ
3.人に優しく(未発表曲)
4.星屑
5.黄昏電車

☆リクエストコーナー、1コーラスのみ
6.ひぐらし
7.星屑のステージ(チェッカーズ)
8.ナイスビート
9.Summer Music

10.あしたトイレに行こう(仮、トレイバンドの曲)
11.みんなのそら
12.うれしいんだな

-休憩-

13.真夏の夢が消える頃
14.ふかみどり
15.僕がいなくなっても
16.風の子

☆アンコールでリクエストコーナー2。なんとお客さんが飛び入り参加(!)
1.木綿のハンカチーフ(太田裕美)
2.BURN(THE YELLOW MONKEY)
3.勝手にしやがれ(沢田研二)
4.手の鳴る方へ


メモってなかったので順番所々バラバラだけど例に倣ってダラダラ覚書きです_(:3 」∠)_
・暑い夏を想定してたけどもうすっかり涼しいですね~的な挨拶から始まり、、
・1曲目僕の夏で嬉しかった…!感激しました胸熱でした!!♪アシタも!

△周りの人が撮ってたので撮ってみたけど鍵盤の方の席からは遠く…

・♪人にやさしくは未発表曲、よくリクエストでお手紙を頂く…とおっしゃってて手紙送った方が良いのか?と思ったり
・楽曲提供した曲は変な力が抜けてるからか、どれも結構良い曲だなーと思うんですがねぇと自画自賛w
・お客さんがこうやって来てくれて本当に嬉しい、ひとりツアーは最初から比べるとだいぶ落ち着いてきました、と
・僕のライブ意外と長いんですよねぇ(少々心配になる、が嬉しい)
・言うの忘れてましたけど写真撮影OKですんで、こう喋ってる時でも全然大丈夫ですんで、
・ただ動画は恥ずかしいのでやめてほしいらしい(笑)
  
△お言葉の通りパシャパシャと…やっぱ4S画質暗所厳しいなぁ早く変えないと、、
 しかしこんな風に自分の携帯で撮影出来る日が来るとは人生何があるか分かりませんね(寝言)

・リクエストコーナー、パート1と後ほどパート2はアンコールで予定してるのでアンコールお願いしますね!(強要w)
・リクエストは挙手制だったけどリクエストできないチキン)^o^(
・最初NMBのドリアン少年と言った男性の方がいて、知らない様子の伊藤さん
・分かる奴、有名なのでお願いしますw
・言うの忘れてたけどワンコーラスだけです(また後から言うw)
・ひぐらしの歌詞がなんだか今の伊藤さん自身とすごくリンクしているようでした…
・星屑のステージしびれた、一番のドキドキだったかもしれない。ひたすらこの人凄い…ってなってた最高(*´Д`)
・歌い終わってやっぱり名曲はいいですねーとサラッとw
・チェッカーズは本当にカッコ良かった、解散した時は寂しかった
 
△タブレットで歌詞検索。ハイテク。。

・しかし次ナイスビートをリクエストされ、音が分からず「あれ?どうだったっけ?」思い出せないww会場爆笑www
・お客さんがスマホからナイスビート流して、ああ、こうか、ってキーボード弾きながら歌い出しwww
・ナイスビート大好きなんでちょっと切なかったぞ…!
・サマミュもちょっと歌詞が怪しかったぞ、ぞ。。確かに頻繁に歌ってないと忘れそうだけどね(汗)


△ちょっと遠目で。いい雰囲気

・キンモクセイが休止してからはひたすら作曲してて、コンペに応募してたそう。300曲ぐらい作ったとか(!!)
・それで1つAKBのキープ(決定になる前の保留)に入ったけどそれも結局ダメで、やっぱり自分で歌った方が良いのかな~とずっと模索していたと。
・もしそれが行ってたら今頃凄いことになってたんですけどねぇ(いやいや冗談じゃないぜ)
・でもダメだったから今こうなってるんでそれはそれで良かったのかなぁとも思っている
・作曲には自信があったのに、って残念そうだったな(´・ω・`)
・その頃死亡説が流れて自分のことながら面白かったらしい…w 自分が亡くなった時のシュミレーションができたってオイオイ。
・2人バーター旅からアルバム制作中だったけど、良くんが最近まほろ座の仕掛け人をやっていて忙しい
・両立は難しそう、どうにも進まないので度胸をつける為にも1人で周ってみよう、と今回のツアーのきっかけに。
・ツアーは今後もやっていきます、11月頃また来れると思います(ヤッター!)
・トレイバンドの話、まだデモの状態だけどいいじゃんって言われました(確かにいい曲!)
・サトミツさんのおかげでトイレの造形が気になる、とも(笑) トイレの便器は皆1つ1つ専用の釜で焼かれているとか…マニアックなw
・みんなのそらの前にお父様が亡くなった話
・無口で接しにくい父親で、最後までちょっとした確執があったそう…
・そばで見守ってるとかよく言いますけどあんまりそういうの(幽霊とか)信じないと言ってて少し意外でした
・そんなお父様の存在もまた伊藤さんという存在を作り上げている要素なんだな、、と聴いていてひしひしと。


△物販の説明中。手ぬぐいは五線譜をイメージ。一番上の黄色い部分は危険地帯だとかなんとか。

・いつも車移動だけど今回は1人だから新幹線で、CDとかも全部持ち運ばなくちゃいけないので手が痛いらしい(笑)
・帰りには軽くなっていることを願いますw
・休憩前しっかり休憩してください、是非トイレも、と(笑)
・トイレ結構並んでたし何より狭かったので少し空いてから行こうと思ったらすごい最後の方に(汗)
・どうしようやばいな、、と焦ってたらステージから「まだ大丈夫ですよ、ゆっくり行ってくださいね」と準備中声かけられ…ううう、優しい…!
・でもその隙にお客さんの写真撮ってて私端っこにいたわけで、入りませんでしたww

・新曲は全部自分担当。ドラムやベースも聴いてほしいのでカラオケスタイルで披露w
 
△間奏中ギターソロ伊藤俊吾!とかいちいち笑わせるw

・ふかみどり、試聴して思った通り好きだと思った。最後の蝉の声も自家製。
・僕がいなくなってもはHPの日記から膨らませた、と朗読
・夏はもう終わりがけですがなんとなく夏の匂いのするシングルです、とCD紹介。
・この曲でお別れです!(完全なフリw)
 
△風の子、ギターザカザカやってて楽しそうでした(ブレブレ)

・一旦引っ込み即アンコール、即登場w
・アンコール且つリクエストコーナー2はお客さんが演奏や歌で参加OKという、なんと贅沢な!
・木綿のハンカチーフは大学のサークルでボイパをやってるという男性と。新鮮な感じ!!
・終わった後「あっすん…あっすん…」って伊藤さん言ってたけどあれがまさか幻のボイパなのか…!?
・今度は親父バンドのボーカルをやっているという男性とボーカル対決。まぁ伊藤さんの声の方が断然好みでしたが(´-ω-`)
・3曲目はキンモクに憧れて楽器を始めたらしいアキコさんという女性。この方とても面白かったw
・本当はアカボシやりたいけどそれをやってしまうと今後何を糧にすればいいか…
・「今度もまたやればいいよ」伊藤さんの優しさpriceless
・結局弾き語りで勝手にしやがれ。いいなぁ、楽器できる人いいなぁ(尊敬のまなざし)
・沢田研二さんは帽子飛ばしてたけど伊藤さんのは飛ばないですよね?と言われて最後飛ばすフリだけしてはったw
・最後は手の鳴る方へ(今度こそw) これも好き好き大好きです、ありがとう伊藤さんほんとありがとーーっ!!
※最後の方は鍵盤側にいらっしゃったので、写真ないです…

・とライブが終わるとそそくさと物販の準備を始める伊藤さん
・なんだか今ステージにいた人とは思えない距離の近さ
・しばらく観察してるとあれよあれよという間に並び始める…CDにサインもOKなのかよ、とか
・お急ぎの方を優先して、つってたけどまぁまだ大丈夫か、、と思ってたら結局1時間ぐらいかかってた(´゚ω゚`)
・1人1人すごく丁寧に対応してる様子でなにか気の効いたこと言わないとな…と思ってたらさ!(言い訳)
・女性と並んでもやっぱり細いなーとかそんな所ばかり見ててスイヤセン
 
△並んでる隙に…鍵盤はお店のだろうけどこれを弾いてたのか、、という(ヘンタイ)

・前の人に写真お願いしますと言われたので応じたけど、スマホ持つ手が震える震えるww
・そして自分の番。サインは手ぬぐいとみんなのそらのCDだけ頂こうと思ったら、、
 伊「こっち(僕がいなくなっても)も書きましょうか?」私「いいんですか?」伊「もちろん書きますよ~」なんて優しさだよ……
・写真は流石に恥ずかしかったので最後に握手と一言だけ。。
・私「キンモクセイの最後のツアーでの大阪ライブ以来だったんですけど、また違った形で凄く楽しかったです」言えた!
 伊「最後大阪、クワトロだったかな、へぇ~それ以来?(驚いた様子で)ほんとー、ありがとうございます(ニコニコ)」
 私「あっまた是非来てください、必ず来ますんで!」伊「あっはい11月ですね、今後ともよろしくお願いします~」
・クワトロのこと覚えて頂いてただけでも十分ですが思ったより反応あって恐縮しまくりでした><
・何年か越しに再び天才の手に触れてしまった感
・ほくほくした気持ちでその場をあとに。。

 
△帰りに撮ったけどこんな所にあんなスペースがあるとはね。もちろん知りませんでした

最後のキンモクライブが2008年だからあれから7年…??
それでもあの伸びやかで艶のある歌声は全く変わってなかった。まさに感無量の3文字。
ほんとあの素晴らしい歌声は埋もれさせちゃいけないよう。勿体ない。。
不思議な気持ちと、抑えきれない嬉しさで終始顔が緩んでおりました。
最初は緊張してるのと妙な恥ずかしさで直視できなかったのだけど(笑)
伊藤さんのトークが面白くお客さんも和やかな雰囲気で本当に楽しかった…!
色んな話も聞けたし、心から行って良かったと思えるライブでした。
何度も笑い起こってたしなぁ、私もずっと笑ってたもんなぁほんとw
なんとなくFCイベントのソロライブとかこんな雰囲気だったのかなーっていう。
番号30番とかだったので席は真ん中辺りだったんだけど、ギター弾いてる時は直線上になってて
結構な確率で目が合った気がするななんか恥ずかしくてすぐ逸してたけど><
会場狭くてコーラちょいこぼしたので飲み物置くスペースぐらいは欲しいな…

そしてまぁ伊藤さんの歌唱力と才能を改めて感じたよな…再熱しそうですわこりゃ。。
以前にも増してすごく優しさや暖かみを感じたのは父性か?父性というものか??
頭下げる時もいちいち帽子取ったりしてて、真摯な姿勢が伝わってきました。
♪早く優しい人になりたい~って歌ってたけどなれてるじゃないかよってね(笑)
あまりの距離の近さに少しおののいてしまったけど、なんだか前以上に大きく見えた気がするよいとーさん
アンコールはこんな自由でいいのかと驚いたのと同時に、音楽の素晴らしさと改めて感じたなー。
音楽やってる人は本当に素敵だなぁと、私もまたピアノ挑戦したいなぁと思うぐらい。
流石に伊藤さんと同じステージに立つなんて、、恐れ多すぎて無理だけど(ヽ´ω`)
なんといってもツアーのタイトルがらしくって好きなんだなーw いいよなぁ。

泣いてしまうかなぁとチラッと思ったけどやっぱり楽しさの方が勝つんだね。凄いね。
まぁあの時のものっすごい暑苦しい思いと若さ故のファン心からは少し落ち着いていたのもあって。
物販でも結構落ち着いて話せたと思う、、前は全く何言っていいか…って状態だったからね、成長だね!
それにすごく今の自分のテンションにぴったりなライブだったなぁと。こんな感じならいくらでも行けるぞw
キンモクは結構あの時でも激しいと思ったからな 悲しき体力ない問題。
お客さんはやはり女性が多かったな…w 同じ歳くらい~40代ぐらい?
2人組みの人が多かった気がするけど、結構1人参加の人もいる感じでぼっちでも全然OKで。
私みたいな人も結構多いのかなっとそれもちょっと嬉しかったのよね個人的に。
あと伊藤さんなんかお洒落だったな?帽子やネックレス、髪も染めてて…佐々木さん影響かのう
最近の写真見ててやっぱりちょい老けはったなとは思ったけど(そりゃ7年も経てばな、自分も歳取ってるしな
実際生で見るとそんなこと全然ないように感じたのが不思議でw 照明効果か?笑
11月また行っちゃうだろなー、この感じ癖になっちゃうなー(´ω`)

反省点としてはほんとトイレも物販もさっさと並べば良かったと。。
感じが分かったので次回はさっさと並ぶの目標!あとセットリストとかメモっとけば良かったよな~
佐々木さんはあとでアップしてくれたりその辺マメだけど伊藤さんやらないもんな忘れてた\(^o^)/
11月はその辺しっかり準備してGOだ!

最後ちょっとした話だけど、物販並んでる時後ろからここのファンはマニアックで変態だよとか聞こえてきて…oh
凄い入りたかったけど入れないーみたいなねヾ(⌒(ノ'ω')ノ
ライブも通い続ければ濃ゆい話の出来る仲間が出来るんだろうけどね…いいなぁほんと神奈川住みたい(結局それ
他に忘れてる所あると思うけど思い出し次第追記しよう

しかし本当に本当に嬉しいなぁ。またこうして応援できる幸せ…
またこんな日が来るって信じてはいたけど、実際起こるとなぁ、ただただ良かったなぁって。。
なるべく無理だけはせずに、マイペースで行ってもらえればいいんですけれど。
あんまりこっちが求めるときっとしんどくなっちゃう人なんだろうと思うから。
ともかく11月と、今後出るであろうアルバムを楽しみにゆっくり見守って行こうと。。

△元気で歌ってくれれば、何よりです

9/8追記、新曲の感想など改めて思ったことをもう少し掘り下げて。
あれからCDの曲取り込んで聴いてるけどどれもやっぱり良いなぁと
伊藤さんも自分自身もなんだか帰って来たなという実感がすごく湧いてる。。


まず歌声に関してだけど、金木犀e.p.辺りちょっと声変わった気がしてたのが
ここ数年駆使してなかったせいか戻った感じあって安心したのよね
そうそうこの声、この感じだーって。それもまた嬉しくて。
まぁこれアシタ聴いた時もだったかな(笑)
キーボードとギター以外にベースもドラムも、と色々やろうとして出来てしまう感じも
やっぱり凄い人だなぁと贔屓目ながらも思ってしまうのね
特に僕がいなくなってものギターの感じすごく心地良くて好き。
歌詞は2作品共全体的に夜明け前に聴きたい感じで、明日に希望が持てるような曲が多いなと。
悲しい歌詞を明るく歌うってのも良いけど、他にも切ない哀愁漂う感じのも聴きたいなぁ
そういう意味ではふかみどりなかなか好きだねすごい好きだな(笑)
てか歌詞の美しさなんだよ詩人だな風景描写やらせたらほんと天才だなってまた贔屓目なw

でも1つ謎なのが張替さんとかは楽曲提供してるじゃないですか、
ああいう感じではダメなんかなとか…あれは横の繋がり的なものなのか、、
その辺よく分からないけど、おそらく不器用ってことなんでしょか。
あ、作曲業に専念してたって話、まさか本当に挑戦されていたとは思わなかったな…
だって前からアイドルなんかの曲を伊藤さんが作曲したのがヒットして
それをニヤニヤ見守りたいって願望がね、密かながらにあったからね(笑)
AKBとか割と歌謡曲っぽい奴多いのにねぇ、厳しい世界なんだな…
その300って膨大な数の曲も世に出ないままっていうのがまた勿体ないよな!
デモの段階でも全然いいからまとめてデータで売ってくれって感じだw

本当に真面目な話、今の邦楽の中で失われてはいけない逸材だよ絶対に。
あれから色んなバンドや歌手あれこれ聴いたけど、どうしてもライブに行きたいって所まで
心を動かされた人って中々いなかったんだよ(激しいライブ行けない問題等諸々あるが
そんな自分の一途さに驚くけど、好きなものは仕方ない。ね。
なんというかこんな風に歌えたらなぁとか楽器できたらなぁとか
そういう気持ちが湧いてくるんだよね、音楽ってそういうものだと思うからねほんと。

あとTwitter見てると何気に結構チケットすぐ売り切れてるのがすごいなーって…
やっぱり再開してほしい人は多いんだろうなぁ、みんな何処にいんだよほんと(笑)
メンバーさん時々何人かずつで何かしらやってる所見ると再開近いような気はしないでもないが
曲作ってライブ活動、全国周って…となるとまた違う話なんだろうしなぁ…
ってこの辺の多々思う所はメールや手紙で送った方が良いのだろうかね。うーむむ。

そんなこんなで収集つかない感じで終わりでっす_(:3 」∠)_